キャッシング比較の巨匠.jp

キャッシング、カードローンの利用方法の流れ

キャッシング、カードローンは、主に利用用途自由の小口の借り入れを指しており、その手軽さ、自由度の高さがポイントとなっています。
利用をするためにはまずは申し込みをおこなう必要があります。
自分の情報を記入し、運転免許証やパスポートなどの身分証明書類を提出します。
申し込みは、ネット、自動契約機、店頭、ファックスなどによりおこなえます。
身分証明書の提出は、店頭であれば手渡し、自動契約機であれば備え付けのスキャナから、ネットであれば携帯カメラなどで撮影して送信、郵送であればコピーを送付すればOKです。
申し込みが終わると、審査がおこなわれます。
キャッシング、カードローンの審査は会社側がおこなってくれるために、こちらが何かをおこなう必要はありません。
返済能力を審査されますが、この際に年収、働き先、年齢、住居形態などが関わってきます。
返済能力により、限度額が上下します。
まずは機械で審査をおこなってから、人により審査がおこなわれ、最後に本人確認のための電話がかかってきます。
この電話ですが、自宅の固定電話を指定してもOKですし、いつも持ち歩いているスマホや携帯電話でもOKとなっています。
電話においては、本当に本人なのかと確認するために、星座や血液型を聞かれることがあります。
普通に受け答えをおこなえばOKです。
本人確認が終わると、融資がおこなわれます。
融資は、ATMや銀行振込を利用することとなります。
ATMの使い方が分からない場合は、電話で尋ねたりと、助けを求めましょう。

コンビニに設置されている提携ATMですと、店員が教えてくれます。
ATMであれば、手数料無料で利用できる時間帯が多く、お得にやり取りができます。
返済ですが、ATM、銀行などからおこなえます。
提携ATMはいたるところに設置されており、稼働時間も長いために、気がついた時に返済できるという利便性があります。
完済した後や、返済途中であっても、限度額以内であればいつでも借り入れができます。
限度額は、大体50万円までであり、信用度により徐々に上げられる傾向にあります。

 

 

銀行からの出金よりもキャッシングの方がお得になる場合がある

 

土日や祝日に想定外のお金が必要になった、あるいは平日のうちにお金を下ろすのを忘れて困ってしまったという経験はないでしょうか?
そんなとき、銀行のATMを営業時間外に利用して、自分の口座からお金を引き出す人がほとんどだと思います。
しかし、銀行のATMを土日や祝日に利用すると手数料がかかります。
少額であっても積み重なると意外と大きな金額になるので、土日や祝日に銀行から出金する頻度の高い人は手数料だけでかなりの損をしてしまっているかもしれません。
実は契約しているプランや借りる金額によっては、銀行口座から出金するよりもキャッシングを利用した方がお得になる場合があります。
契約している会社によってキャッシングに使える提携ATMは異なりますが、手数料が無料に設定されているサービスは少なくありません。
手数料が有料の場合でも銀行ATMでの出金より安かったり、期間限定のキャンペーンによって割引されていたりすることも多いです。
提携しているATMの数も多いですから、主要なコンビニであればどこででもキャッシングはできます。
つまり、利便性の面でも銀行ATMと大きな違いはありません。
キャッシングでお金を借りると金利が付いてしまうので、その分損をしてしまうのではないかと不安に感じるかもしれません。
確かにキャッシングには金利が発生しますが、すぐに返済するようにすればその金額はそれほど大きなものではありません。
ATMの手数料無料のキャッシングを利用しており、借りる金額がそれほど大きくないのであれば、金利と合わせても銀行ATMの手数料より安く済ませることは難しくないでしょう。
また、月ごとの返済だけでなく、随時返済を行えるシステムを採用しているキャッシングであれば、休日明けに銀行口座から手金して返済を行なえば金利をほぼゼロにすることができます。
お金を借りるということに極度の忌避感を持たず、きちんと計算した上で利用すればキャッシングは手数料を節約できるお得なサービスとなります。

 

 

キャッシングの簡単さ、そして恐さを知りました

 

大学を卒業してから就職先がなかなか決まらず、しばらくアルバイトで食いつないでいたことがありました。キャッシングを初めて利用したのはその頃で、とにかく生活費が収入に追い付かず、困っていたところでした。友人がキャッシングでお金を借りたことがあると聞き、私も利用できるのかなと少し興味をもちました。
でも私はフリーターでそんなに高い収入もないし、と悩んでいたところ、インターネットで調べてみると、どうやら安定した収入があればアルバイトをしているフリーターでも借入ができるとのことでした。とりあえずまずは申込みをしてみることにしました。すると、すぐに審査結果が出て、少額でしたがすぐに借入をすることができたのでした。手軽さにとにかく驚きました。
実際に借入をするかどうかは一度悩みましたが、事実お金はなくて困っているし、数日後に10万円ほど借入をしました。返済も月3000円ずつだったので、かなり有り難いサービスだと思いました。キャッシングで借金というと、相当なマイナスのイメージでしたが、使い方さえ間違えなければとても便利なものなのだと知りました。
でも、それからというもの、私は何かにつけてお金がたらないときにキャッシングに手をつけるくせがついてしまいました。就職をして、飲み代が足らない、結婚式のご祝儀が足らない、などと様々な理由でキャッシングを繰り返し、なかなか完済することができませんでした。借入をするときは専用のATMや、時にはコンビニのATMですぐに手続きをすることができたので、その簡単さや手軽さもが余計に私のリミッターのようなものをゆるめました。
先ほど「使い方を間違えなければ」と述べましたが、私はまんまと使い方や返済計画を誤ってしまい、初めてキャッシングを利用したのはもう10年近くも前なのに、未だに全額完済をすることができずにいます。少し返済ができたら、空いた利用可能枠のなかでまた借入を繰り返してしまうのです。これは私の本当に反省すべきところだと思っています。確かにキャッシングは便利なサービスであることには間違いありませんが、CMや広告の文言「ご利用は計画的に」、その通りだと思います。

 

 

私のキャッシングを利用したことでの体験です。

 

私は8年前に会社の転勤命令があったのですが断りました。私の勤めていた工場が閉鎖になりました。それがきっかけで会社を退職しました。以前から夢であったお店を経営することにしました。模型店です。開業資金は退職金を利用しました。開業をする前は準備のために多くのお金を使いました。あっという間に退職金はなくなってしまいました。お店の開業後は3カ月ほどは経営がうまくいかなくても何とか生活をすることができたのですが、問屋さんの支払いに困るようになりまして、お金の融資先を探すことにしました。銀行での融資の相談に行きましたが、ここの銀行ではすでにカードローンを使用していまして、さらに借り入れをすることができなくなっていました。断られてしまいました。国民政策金融公庫にも行きましたが、まったく相手にされず、断られました。その間に家賃を下げてもらったり色々とできることはしました。どうやってお金を工面しようか困っていたところ、消費者金融に行ってみようと思いました。お店の近くの無人契約機コーナーにいきました。当時は総量規制前でしたので、私も自営業だけど借り入れはできるとおもいました。無人契約機ですので、店員はいません。誰にもばれることはなく契約をすることができます。オペレーターに教えてもらいながら、操作盤で契約をすることができました。運転免許証だけの提出なので簡単でした。即日融資でしたので、その日のうちに借り入れをして、問屋さんに支払いをしました。その日はそれで安心したのですが、翌月からはまた経営が大変で、借金の返済が増えたことにより、生活は余計に苦しくなってしまいました。支払うことばかり考えて、返済の時の利息分を考えていないので、返済期間を考えますと、少し後悔をしています。でもその時は他に方法がなかったので、仕方がないと思います。現在も返済をしています。キャッシングは計画的に利用をすれば便利ですので、うまく利用をしていきたいと思います。

カードローンを借りる時はいつも金利の高さが気になります。金利が滅茶苦茶高いから、返済する時の金利負担が、生活を圧迫することになります。それで金利を下げれるなら、金利を下げたいと思います。それで消費者金融とかでしたら、金利を下げる方法があります。一つ目は増額です。増額したら金利が下がるどころか毎月の返済が増えて、余計金利が増えてしなうように思えますが、そういうことは無いです。増額しても借りなければ金利は取られません。それで増額をし続けて100万円に到達すれば、利息制限法で金利が下がります。100万円になると利息制限法で年15%と決まっていますから、18%で借りていた場合は3%も金利が下がります。それで100万円を借りる必要は無いです。借入限度額が100万円になるだけで金利が15%しか払わなくてもいいことになります。つまり10万円しか借りなくても金利が15%で借りられるということです。ただこの増額という方法には欠点があって、時間がかかります。すぐに増額してくださいと言って、増額してもらえるものでも無いし、人によっては増額してもらえないです。増額には審査があって、審査が通らないと増額してもらえないです。だから他社借入が多かったりすると、増額をしてもらえないです。もう一つの方法として低い金利に借り換えることです。消費者金融のカードローンを金利の低い銀行カードローンに借り換えます。借り換えですから、銀行カードローンを借りられたら、消費者金融のカードローンは完済してしまうことです。そして解約してもう借りないようにすることです。複数社借りている場合は、おまとめローンがいいです。消費者金融の借金を銀行のおまとめローンでまとめて返済してしまえば、複数の借金が金利の低い銀行のローンになります。しかも借金を一本化することで、毎月の返済額も減らすことが出来ます。消費者金融でもおまとめローンがありますから、借金をまとめると100万円を超えるなら、消費者金融でまとめても金利を下げられます。

続きを読む≫ 2015/07/08 05:17:08

キャッシング申し込み方法の一つが、自動契約機による申し込み方です。
自動契約機は、無人機とも呼ばれていますが、実際にはカメラが設置されており、社員が見ているために完全に無人ではありません。
自動契約機の使い方が分からない、利用に困ってしまったらどうしようと不安である場合でも、カメラや設置されている受話器を通じて社員とやり取りができるために、困った際にはすぐに解決できます。
まずは、携帯電話やパソコンから最寄りの自動契約機を探します。
街を歩いている時に、消費者金融の看板や、自動契約機を見かけることも多いと思われます。
自動契約機は、駐車場のような人気の少ない場所に設置されていることもあり、入りやすくなっています。
中から軽く鍵をかけられる自動契約機コーナーも多く、プライバシーを守れます。
すりガラスや衝立により、外からは見えない仕組みになっているために、誰かに見られたらどうしようという心配も無いのです。
自動契約機で契約する際には、携帯電話と身分証明書類を持参します。
身分証明書類は、本人確認のために必要になっており、自動契約機コーナーのスキャナから送ることができるのです。
携帯電話は、電話確認のために使われます。
固定電話でなくとも、携帯で番号の確認が可能となっています。
自動契約機の操作は簡単であり、銀行のATMを利用できる人であれば難なく使えるはずです。
自動契約機により契約をおこなうと、カードが発行されます。
自動契約機からお金を借りるのではなく、提携ATMや、付近に設置されている専用ATMを使ってお金を借りることとなります。
自動契約機による契約のメリットは、他人と直接顔を合わせずとも良い、すぐにカードが手に入りATMからお金を借り入れできるために、銀行が閉じていても利用できる、インターネットを持っておらずとも通信により申し込みができる、人気の少ない場所に設置されていることが多いので知り合いを避けられるなどです。

続きを読む≫ 2015/07/08 05:16:08

キャッシングを利用して8年になります。
長年キャッシングを利用していますが、入会費、年会費不要であるために、借り入れていない時期でも年会費がかからず、面倒がありません。
一度キャッシングカードを作り、以降必要な時が来た場合のみ活用するという方法があります。
私のキャッシング限度額は99万円であり、いつでも99万円を借り入れでき、自由に利用できるということですから、とても安心感があります。
キャッシングカードを作るために、まずはインターネットで色々と調べました。
初めて借り入れする時は、金利が高額なのでは、返済はどうやっておこなうのか、返済日を過ぎてしまったらどうしようなど、色々な不安、疑問があったものです。
キャッシング会社のサイトを閲覧し、知識をつけてから申し込みをおこないましたが、一度契約をしてみると、その利便性に驚きます。
現代においては、店舗に赴かずとも、インターネットから対面不要でカードを作ることができるのです。
田舎在住であり、外出が億劫だと思っていましたし、店舗に赴くと緊張してしまいそうだと及び腰になっていましたが、インターネットから申し込めるのであれば、まったく負担がないのです。
申し込み方法は、パソコンから接続して自分の住所、希望借り入れ金額などを埋めて行き、自分の身分証明書を撮影して携帯から送信するだけでOKでした。
オンラインゲーム登録や、SNS利用登録に似ており、日頃インターネットを利用している人ならば、とても手軽に感じられるはずです。
携帯電話に本人確認のための電話がかかってきますが、これは聞かれた質問に答えるだけですぐに終わります。
私は、生まれた年、干支、お金の使い道、働き先の収入について聞かれました。
質問が終わると電話が切られ、すぐに審査完了のメールが届きます。
メールで審査通過を知り、最寄りのATMに向かい振込を確認しました。
これまで約二時間弱、とても素早く契約がおこなえました。

以降、カードを利用して借りたり返済したりとしています。

続きを読む≫ 2015/07/08 05:16:08

貸金業法が改正されて総量規制が始まりました。総量規制は多重債務者の増加を防ぐために貸出制限をする為の法律です。それで借り入れは年収の3分の1までに制限されて、収入の無い人は、借りられなくなりました。それで専業主婦の場合は借りられないということです。しかし総量規制の例外規定で、配偶者は主人の同意が有れば、主人との年収を合わせての3分の1までを借りることが出来ます。専業主婦の場合は収入がゼロですから、夫の年収の3分の1まで借りられる事になります。それでこの例外規定を使えば、収入がゼロの専業主婦でも貸金業者から借りることが可能になります。ただ問題が有って、専業主婦でも主人の同意が有れば借りられるのに貸金業者が利用者が少ないということで、専業主婦に貸さないようになりました。それで専業主婦向けのクレジットカードとしてキャッシング機能が付いてないのを発行するほどです。主人の同意を得られる可能性が低いということで専業主婦は貸金業者からは借りられなくなりました。だから専業主婦はキャッシングが出来ないように思えますが、それは大丈夫です。銀行カードローンを借りればいいです。銀行カードローンなら、総量規制対象外ですから、専業主婦でも問題無くなりることが出来ます。しかし銀行カードローンも審査が有りますから、誰でも借りられるわけでは無いです。まず審査では主婦の過去の経歴を調べます。ブラックの記録が残っていたらそれだけで借りられません。主婦の方が問題無くても、夫の方も調べまして夫の方にブラックの記録が残っていれば借りることが出来ません。そして両者とも問題が無かったとしても、専業主婦の場合はそんなに多くは借りられないです。多く借りる時は銀行でも夫の同意書を求めます。夫の同意書を求められますが、貸金業者みたいに最初から貸さないということは無いので、専業主婦がキャッシングをする時は銀行を利用することになります。

続きを読む≫ 2015/07/08 05:16:08

カードローンを申込んだら、審査で在籍確認というのが有ります。在籍確認とは、カードローンを申込んできた人が、継続的かつ安定的な収入が有るかを確認する審査です。それで申込書に書かれた勤務先に本当に働いているかを確認する為に電話をします。それで電話をする時は会社名を名乗りません。昔は会社名を名乗っていましたが、今はカードローンを借りようとしているがばれると困るとの声が多くて、会社名では無く個人名で電話をするようになりました。しかし、それでも会社にそういう電話が有るとカードローンの電話だと分かってしまいます。だからカードローンを申込んだら、会社には在籍確認の電話が有ると考えていた方がいいです。しかしカードローン会社によっては在籍確認を書類で済ませてくれるところも出て来ました。それで在籍確認を書類で済ませてくれるところですが、まず銀行はすべて書類では済ませてくれません。銀行系は審査が厳しくてどこも在籍確認の電話をします。信販会社も審査では必ず在籍確認の電話をします。消費者金融は大手で何社かが在籍確認を書類で済ませてくれるようです。その書類も社員証や会社の保険証や給与明細書など会社に在籍していると分かる物なら何でもいいです。ただ最新の物でないと在籍をしているとは認めて貰えません。そして在籍確認を書類で済ませる場合は、貸出限度額が最低額での融資になります。それで書類での済ませ方ですが、店頭では直接見せて、無人契約機ではカメラでチェックします。電話審査の場合はファックスで送る必要が有り、ネットでの申し込みなら本人確認書類の画像を携帯やスマートフォンで撮影して、送信します。この在籍確認を書類で済ませられるメリットとして、会社が休みでも即日審査で即日キャッシングが出来ます。だから在籍確認の電話が会社にかかって来ても大丈夫な人でも、在籍確認を書類で済ませられる方法があることを知っておいた方が、後で役に立ちますから、覚えておくといいです。

続きを読む≫ 2015/07/08 05:16:08